Call for a Sound and Transparent EIA to Save the Okinawa Dugong / ジュゴンを守るための環境アセスを!

The coastal area of Henoko and Oura Bay in Okinawa, Japan is the most critical habitat for the Okinawa dugong, an isolated population of the endangered dugong species.

The Naha Defense Facilities Administration Agency (Naha DFAA) plans to construct a massive US military base in this area. If carried out, this would certainly have tremendous negative impact on the area’s environment, further endangering the Okinawa dugong.

The Naha DFAA is about to begin the process of Environmental Impact Assessment (EIA) for the base construction and its contracted firms have already started what they call “pre-surveys.”

Although we believe that any proper EIA would put an end to the base construction plan, we are extremely concerned with how the Naha DFAA intends to proceed with the pre-surveys and the EIA. 

To save the Okinawa dugong and the coastal environment of Henoko and Oura Bay, we call for a scientifically sound, environmentally responsible, and transparent EIA for the base construction. 

Hideki Yoshikawa
Save the Dugong Campaign Center/ Citizens’ Assessment Nago


ジュゴンと豊かな環境を守るための環境アセスを!

絶滅危惧種ジュゴンの棲む沖縄本島北部、辺野古/大浦湾の沿岸に、巨大な米軍基地を建設する計画。その計画が今、重大な局面を迎えています。

那覇防衛施設局は、基地建設に向けて「環境アセス」の手続きを開始しようとしており、また契約コンサルタント各社は「事前調査」にすでに着手しています。

私たちは、適切な環境アセスが行われれば、辺野古/大浦湾の豊かで貴重な自然環境に米軍基地が建設されることは不可能である、と確信しています。

しかし今回の事前調査や環境アセスが、基地建設を進めるための道具としてむしろ使われていくのではないかと、私たちは深い懸念を持っています。

国際社会に恥じない事前調査と環境アセスを、那覇防衛施設局と契約コンサルタント各社に実施させるため、私たちの署名運動へご協力下さい。

ジュゴンと辺野古/大浦湾の豊かな自然環境を守っていきましょう!


ジュゴン保護キャンペーンセンター/市民アセスなご
吉川秀樹

To: The Naha Defense Facilities Administration Agency and Contracted Environment Impact Assessment Firms

The coastal area of Henoko and Oura Bay, Okinawa, Japan is the most critical habitat for the Okinawa dugong, an isolated population of the endangered dugong species.  It is also a rich environment for a variety of species including sea turtles and migratory terns. 


The Naha Defense Facilities Administration Agency (Naha DFAA), a branch office of the Japan Defense Facilities Administration Agency, plans to construct a massive US military base in this area.  The so-called "coastal plan," if carried out, would certainly have tremendous negative impact on the environment, further endangering the Okinawa dugong and other rare species.

The Naha DFAA is about to begin the process of Environmental Impact Assessment (EIA) for the base construction, and its contracted firms have already started what they call “pre-surveys.”

I am however extremely concerned with how the Naha DFAA intends to proceed with the pre-surveys and the EIA.  The Naha DFAA’s EIA for the previous base construction plan, the so-called "Henoko offshore plan," was marked by a number of fundamental flaws.  The Naha DFAA furthermore refuses to provide any details of the present pre-surveys for the public.

I firmly believe that the Okinawa dugong and the costal environment of Henoko and Oura Bay need to be protected as much as possible. 

To this end, it is imperative that the pre-surveys and the EIA for the base construction be conducted in a scientifically sound, environmentally responsible, and transparent manner.  It is also imperative that the information regarding the pre-surveys and the EIA be accessible so that the wider public, both domestic and international communities of concerned citizens and experts, can participate in the EIA process.

To ensure a sound and transparent EIA to take place, I petition the Naha DFAA and its contracted EIA firms to:

*prepare summary and full versions of the “pre-survey” and IEA documents in both Japanese and English,

*distribute to the wider public these documents (both summary and full versions) in hard copy and CD forms, and post them on the internet,

*hold public viewings of the EIA documents and public hearings regarding the "pre-surveys" and the EIA not only in Okinawa, but also in Tokyo, Osaka, and other major cities in Japan.

Sincerely,

 


那覇防衛施設局ならびに契約コンサルタント各社様

沖縄本島北部、辺野古/大浦湾の沿岸は、絶滅危惧種ジュゴン、その中でも孤立している沖縄のジュゴンの最も重要な棲息地です。またこの沿岸は、ウミガメや渡り鳥のエリグロアジサシ等の希少種を含む多様な生物たちの棲息地でもあります。

那覇防衛施設局は、この場所に巨大な米軍基地の建設(「沿岸案」)を計画しています。もしこの計画が実施されれば、辺野古/大浦湾の豊かで貴重な自然環境は破壊され、ジュゴンやその他の希少生物をさらなる危機に追いやることになります。

現在那覇防衛施設局は、基地建設に向けて「環境アセス」の手続きを開始しようとしており、また契約コンサルタント各社はすでに「事前調査」に着手しています。

私は、今回の事前調査や環境アセスに対して、深刻な懸念を禁じ得ません。この懸念は、前回撤回された基地建設計画「沖合案」に関する那覇防衛施設局の環境アセスが、あまりにも多くの問題を抱えていたこと、そして今回の事前調査に関する情報の開示を、那覇防衛施設局が拒否していることに由来しています。

沖縄のジュゴンそして辺野古/大浦湾の豊かで貴重な自然環境は、可能な限り保全されるべきです。そのためには、国際社会に恥じない環境アセスが実施されなければなりません。

今回の「沿岸案」基地建設計画に関して行われる環境アセスは、科学的根拠に基づき、環境に対して責任を負い、そして透明性を持って実施されるべきです。さ らには、国内外の関心を持つ多くの市民や専門家が、この環境アセスの過程に参加できるように、事前調査や環境アセスに関わる情報の開示が必要です。

以上のことを踏まえ、那覇防衛施設局ならびに契約コンサルタント各社に以下のことを要請します。

「事前調査」ならびに環境アセス関わる文書資料の要約版と完全版を、日本語と英語で準備すること

「事前調査」ならびに環境アセスに関わる文書資料(要約版と完全版)を、ハードコピーとCD版で公衆に配布すること、そしてインターネット上で縦覧できるようにすること

環境アセスに関わる文書資料の広告縦覧、そして「事前調査」ならびに環境アセスに関する説明会を、名護市や沖縄県だけではなく、東京、大阪、その他の場所でも開くこと。

那覇防衛施設局ならびに契約コンサルタント各社の真摯な対応を宜しくお願いします。

 


*署名はローマ字表記でお願いします!

Sign Petition

privacy policy

By signing, you accept Care2's terms of service.

Having problems signing this? Let us know.