A'ole TMT! Keep out TMT construction from sacred Mauna Kea, Hawaii Island.

 On the summit of Mauna Kea - on the "Big Island" of Hawaii - construction of the Thirty Meter Telescope (TMT) was proposed in 2009. Five nations: the US, Canada, India, China(People Republic of China) and Japan are joining participating. TMT will have a 30-meter lens, will be 18 stones(180 ft) tall and its cost will be about 1.4 billion (US dollars).

 For science, observatories are a source of knowledge - knowledge that is ever expanding and ever renewing. For Hawaiian natives or traditionalists, however, the source of knowledge and assurance about the world is different - unchanging, eternal and sacred. So, observatories are - to traditionalists - viewed as a desecration. What we see today is thus a painful cultural collision on the summit of Mauna Kea.

  The TMT Project must move to an alternative location - for example, the Canary Islands.

 As time has passed with TMT news evolving and changing, my understanding of TMT has deepened and my consciousness has sharpened. It is strange to look back when I was supportive of TMT in the beginning and then, slowly losing that support over time and finally arriving at the conclusion to oppose TMT construction.

  I have seen too many and too frequent cases of indiscriminate worship of science. The TMT project is, no doubt an exciting astronomy adventure. But what is in question is the choice of the mountain. Native Hawaiians and traditionalists view the construction as desecration based on their ancient spiritual faith and are desperately opposing the construction.

  Shouldn't our community sincerely respect their wishes: those who have been here in the Hawaiian islands practicing the ancient faith? Science does not teach us morals. My belief is that morality has to lead science and not the other way around. Let's ask ourselves "what is it then that can inspire us to be moral?"

- Source of photo: Big Island Journey


  2009年、ハワイ州ハワイ島にあるマウナケア山の頂上に30メートルレンズを備えた天文台を建設する計画が提案された。 この計画に加わった五か国は、米国、カナダ、中国、インドそして日本である。 地上18階建て、30メートルのレンズ、その建設費用1千4百億円という。

 科学にとって天体観測所は知識-常に進展し、常に更新する知識を獲得するうえで必須である。しかしながらハワイのポリネシア民族の子孫、さらに古典伝統を守る人々にとっての知識はそれと異なる。 この人々の世界観を支える知識は、恒久的にして神聖であるのだ。それゆえに天体観測所なるものは、神聖なマウナケア山を汚す、犯す(けがす)何者でもない。 今日マウナケアの山頂で展開しているのは、相反する二つの世界観の対立に他ならない。

 この対立を解くカギは、TMTの建設用地を他に求める-例えば、スペイン沖の島、カナリー島は目下最適な用地と討議されている。

 TMT建設の報道は、2009年頃に始まった。この間紆余曲折を経てきている。
 私はその報道を今日まで追い続けた。 TMTに関する知識が深くなるにつれて、その対立の核心を知るに至る。
私の当初の建設賛成論は、やがて反対論に至った。この間、何と多くの人々が経済上の利を賛成の理由とするのか。何と多くの人々が科学の進歩は人類の将来を約束すると信じ込んでいるのかをつぶさに学ぶ。

 TMT建設が前代未聞の宇宙研究構想である事に疑問をはさむものではない。しかし、対立の核心が山そのものを巡っていること。ポリネシア民族の子孫は、建設そのものが神聖なる山を汚すものと見做し、そこに命がけの抵抗を続けていること。

ハワイに住む一般の人々にとって、彼らの抵抗はいったい何を意味するのか。
どう関わるべきなのか。
そして、いかなる答えを出すべきであろうかを真剣に考えなくてはいけないと思うのです。

 TMTは私たちの道徳観を問うているーと私は観ます。
科学は道徳とは無関係に進みます。科学はそのような性格の限界があるゆえに、進歩の方向を示すものは道徳でなければならない。逆は常に危険を伴う。それならば、道徳的判断を迫るTMTに正しい答えを見出そうではありませんか。

 ご精読ありがとうございました。

*マウナケアのTMT建設について知っていただきたい事を
『ハワイアン ルネッサンス〜蘇るカナカ・マオリ〜』という小説にしました。
ご一読いただければ嬉しいです。(日本語のみ)

Sign Petition
Sign Petition
You have JavaScript disabled. Without it, our site might not function properly.

See our privacy policy.

By signing, you accept Care2's terms of service and agree to receive communications about our campaigns through email and other methods. You can unsub at any time here.

Having problems signing this? Let us know.